江戸屋 > TOP > 紀州南高梅 > 【送料無料】梅干 激安 紀州南高梅 ダイエット 健康食品 はちみつ梅 1kg

≪半額≫梅干 激安 紀州南高梅 ダイエット 健康食品 はちみつ梅 1kg

【送料無料】梅干 激安 紀州南高梅 ダイエット 健康食品 はちみつ梅 1kg

おすすめNEW!!SALE!!

商品番号 ume001

当店特別価格3,240円(本体価格:3,000円)

数量
商品についてのお問い合わせ
友達にメールで知らせる
レビューを書く
これは超特典!
本体価格3,000円 +税










商品詳細
商品名 紀州はちみつ南高梅 (箱入り)
内容量 1000g
原材料 梅(紀州産)・漬け原材料(食塩8%・はちみつ・還元水飴・醸造酢
蛋白加水分解質)・酸味料・調味料(アミノ酸)・甘味料(ステビア)・酒精・V.B1
賞味期限 180日
生産国 日本(和歌山)
保存方法 直射日光・高温多湿を避けて保存して下さい。開封後はお早めにお召し上がり下さい。

100g当りの成分

エネルギー 68Kcal 炭水化物 13g
たんぱく質 1.2g ナトリウム 3.3g
脂質 0.2g 食塩 8g






紀州南高梅のお話



梅の栽培の始まりと南高梅命名

和歌山県で梅の栽培がはじまったのは、江戸時代です。重税に苦しんでいた田辺藩の農民は、竹や梅しか育たない痩せ地は税が免除されることから、重税を免れる一策として梅を栽培したのがはじまりです。

また、田辺藩主、安藤帯刀(あんどうたてわき)が租税の軽減と農作物の育成に力を入れ、梅栽培を奨励し保護政策をとったため田辺・南部を中心に広まりました。
その頃の梅は、「やぶ梅」と呼ばれ、現在の梅とは比べられないほど品質は劣っていたようです。八代将軍吉宗が将軍となって江戸へのぼるとき梅干を土産に持って行った話は有名です。

紀州産の南高梅は、南部川村を中心に紀南地方全域で一番多く栽培されている品種です。昭和25年、紀州の気候風土に適した梅を見つけようと、南部川村では村をあげての取り組みがはじまり、在来種の中から優良な37品種をあげ、綿密な調査を行いました。

この調査には、地元の和歌山県立南部高等学校園芸科の生徒達が実習として参加しました。5年間にも及ぶ地道な調査研究の結果、南高梅の原木「高田梅」が最も適した最優良品種であるとの評価を受け、南部高校と高田梅の頭文字をとり、「南高梅」と命名されたそうです。


健康は1日1粒の梅干から!

梅干しは昔から体にいいといわれる伝統食。疲れた現代人の体を癒してくれる梅干です。

梅は人間の体の中で直接、血や肉となるものではありませんが、体の基幹部分すべてにエネルギーを与え健康にしてくれるものです。高齢化が急ピッチで進んでいる今の時代に梅は、健康管理に利用したい栄養食品です。

梅にはそのミネラルが豊富に含まれています。例えば、リンゴに比べて梅の実に含まれるカルシウムは4倍、鉄は6倍、マグネシウムや亜鉛も梅の方が多いのです。また唾液は食べ物の消化を助けます。梅干しを食べた時の唾液の量はレモンの倍近くまであります。
  

梅干を食べた時に出る唾液に含まれる酵素としてアミラーゼとカタラーゼの2つがあります。アミラーゼは消化酵素の一種で、エネルギー源となるご飯やパンなどに含まれるでんぷんの消化を助ける重要な役目をします。またカタラーゼは過酸化水素を水と酸素に分解する触媒の酵素です。





クエン酸の働き

梅干しがすっぱいのはクエン酸によるものです。梅干しに含まれるクエン酸やベンズアルデヒトには微生物の繁殖をおさえる効果がありるといわれています。

クエン酸は、体内でエネルギー源を燃やしてエネルギーにするというこのサイクルの働きを活発にします。




                製造工程


    原料                                ↓  
     ↓                                検品 金属検出器(Fe3、SUS4)  
    洗浄 バブル、シャワー(オゾン水)               ↓  重量チェッカー  
     ↓                                梱包  
    塩抜き 3時間                          ↓  
     ↓                                出荷  
    水切り
     ↓
    調味液調整 調味液塩分、酸度、ph、Brixの検査
     ↓
    調味液浸漬 2週間
     ↓
    液きり
     ↓
    充填